CoD:MW 1月29日アップデート 新ゲームモード MP5およびM4A1弱体化 Shipmentのリスポーン位置調整 など

CoD:MW 1月29日アップデート 新ゲームモード追加 MP5およびM4弱体化 Shipmentのリスポーン位置調整 なdCoD:MW
スポンサーリンク

 Infinity Wardは日本時間1月29日に『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア)』のアップデートをPS4、XBox One、PCすべてのプラットフォームで実施し、アップデート内容を記載したパッチノートを公開しました。

スポンサーリンク

1月29日パッチノート

プレイリストの更新

  • Deathmatch Dominationを追加
  • Gunfight Customを追加
  • Shipment 24/7が復活(Shoot the Shipと置き換え)
  • Winter Docksを削除
  • Capture the Flagをクイックプレイフィルターへ移動

 新しく追加されたゲームモード“Deathmatch Domination”は、“Team Deathcmatch”と“Domination”を足したゲームモードです。“Domination”のベースルールに“Team Deathmatch”同様キルポイントが加算され、先に300ポイントを獲得したチームが勝利となります。

 “Gunfight Custom”は2V2のガンファイトルールで、プレイヤーが作成したロードアウトを持ち込んで戦うゲームモードです。パークの持ち込みも可能となっています。アップデート1.13でカスタムロードアウトが追加されたので、“Gunfight Custom”用のロードアウトを作成してみてはいかがでしょうか。

一般的な修正

  • 武器
    • MP5:ヘッドショット倍率の削減、10mm範囲の小さな削減
    • M4A1:ヘッドショットの効果を減少するため、ダメージとレンジをわずかに減少
    • M13:レンジを拡大、水平方向のリコイルをわずかに減少、ヘッドショットのダメージをわずかに増加
    • Crossbow:プレイヤーは3本の焼夷ボルトでサポートヘリを破壊できていたが、V.T.O.L.は5本、サポートヘリおよびヘリガンナーは6本で破壊できるようそれぞれ調整
  • グラウンドウォーにおける四連バギー(ATV)のエクスプロイトを修正
  • CDLスキンの“LA OpTic”で欠落していたキャラクターモデルを修正
  • Shipment:スポーントラップおよび瞬時にデスする頻度を減らすようリスポーンを調整。すべてのモードでマップの端にスポーンするよう調整。新しいスポーンロジックはドミネーション向け
  • キーボードおよびマウスを使用すると、マッチメイキング中にコントローラーボタンプロンプトがソーシャルメニューへのアクセスを表示していた問題と、PCでPS4コントローラーを使用する際にボタンプロンプトがXboxのものを表示していた問題をそれぞれ修正

 プレイヤーの使用頻度が高かったMP5とM4A1が弱体化、M13が強化されました。感覚的に強化後のM13は弱体化前のM4A1に近い感覚で扱うことができるようになったと思います。

 以前よりファンから要望の多かった超小規模マップ“Shipment”のリスポーン位置が調整されました。マップの端でリスポーンキルを狙いづらくしたり、リスポーン直後のデスが減少するように調整されています。リスポーンが調整された“Shipment”を再び戻ってきたゲームモード“Shipment 24/7”で確かめてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました