Discord 1月30日のアップデートで「アクティビティフィード」や「ライブラリタブ」などが削除

Discord 1月30日のアップデートにより「アクティビティ」や「ライブラリ」などの機能が非表示にニュース/プレスリリース
スポンサーリンク

 日本時間1月30日、ゲーマー向けの音声通話/VoIPフリーソフトウェア『Discord』は、Twitterでユーザー体験を整理していると告げ、「アクティビティ」「ユニバーサルゲームランチャー」「ライブラリ」の3機能を削除したと発表しました。

スポンサーリンク

Discord 1月30日のアップデート

 日本時間1月30日に更新されたDiscord Blogの冒頭では次のように書かれています。

 「私たちはユーザーのフィードバックに常に耳を傾けており、『Discord』の使い心地や機能の改善に取り組んでいます。私たちの目標は『Discord』のコア機能となるチャット体験を、膨大な新機能によって奪われないように改善することです。アクティビティフィードとライブラリタブはこれらのマークを打たなかった機能です。今日の時点で、私たちはこれら両方の機能に別れを告げました

アクティビティフィードの削除と新しいフレンドタブ

 アクティビティフィードとライブラリタブは『Discord』のコア機能となるチャットに影響を与えていたようで、1月30日をもって削除したと告げています。

 アクティビティフィードとは、ゲームの最新ニュースを手軽に入手でき、フレンドがなんのゲームをプレイしているのかをすぐに確認できる機能でした。しかし、どちらの目的にも十分に対応ができておらず、容量が増えてしまい削除する方針となったようです。現在、フレンドがプレイしているゲームはホームのフレンドタブから確認することができます。

ユニバーサルゲームランチャーとライブラリタブの削除

 ユニバーサルゲームランチャーとライブラリタブはユーザーにとって便利でない機能だと判断し、『Discord』の体験を迅速かつクリーンに保つため改善と銘打って削除したと告げています。

 なお、『Discord』から購入したゲーム、または購入する予定がある場合はいつでもゲームにアクセスできるとのことです。

引用元:Discord Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました