エーペックスレジェンズ シーズン4でマップ“World’s Edge”に訪れる変化

エーペックスレジェンズ プラネットハーベスターApex Legends
スポンサーリンク

 Respawn Entertainmentは日本時間2月4日に、無料バトルロイヤルFPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の新シーズンとなるシーズン4の最新トレーラーを公開しました。

 トレーラーではシーズン4に登場する新レジェンド「レヴナント」のアビリティに関するヒントから、新たな武器「センチネル」、シーズン4で追加されるレジェンドのスキンなどが随所で紹介されています。

Apex Legends Season 4 – Assimilation Gameplay Trailer
スポンサーリンク

“World’s Edge”に訪れる変化

 公開されたトレーラーでは新たに登場するレジェンド、武器、スキンだけでなく、舞台となるマップ“World’s Edge”の変化についても触れており、特集サイトではシーズン4における“World’s Edge”変更内容がまとめられています。

プラネットハーベスター

 シーズン4における“World’s Edge”最大の変化は、プラネットハーベスターの登場でしょう。プラネットハーベスターは、シーズン3ではマッチの終盤まで戦闘が頻繁に発生していた燃料庫エリアと置き換わるようです。

 エピセンターを上回るサイズのプラネットハーベスターは、ハモンド・ロボティクスが貴金属を採取するための巨大な施設です。赤いビームは島全体から視認することができ、プレイヤーは方向やマップの中心をより早く理解できるようになるとのこと。

2つのゾーンに分断されたキャピトルシティ

 シーズン3で最もプレイヤーからの人気を集めたキャピトルシティは、シーズン4ではフラグメントイースト、フラグメントウェストの2つのゾーンに分断されます。

 上記画像の中央に見える大きな溝は、ジップラインまたは倒壊した高層ビルの端でしか渡れません。そのため、各チームはキャピトルシティに降下したのちに、どちらか一方のゾーンを制圧することが最初の目標となるでしょう。

 なお、キャピトルシティに誕生した大きな溝に飛び込むと、その暑さと浮遊している火によって25のダメージを受けてしまいますが、加圧された空気がレジェンドを持ち上げ浮遊することができます。不利な状況でもプレイヤーが敗走できるように設計されたようです。

調査キャンプ

 エピセンターとスカイフックの間にある雪原に新たなエリアとなる調査キャンプが誕生します。調査キャンプは近辺エリアのキャピトルシティ、製錬所、エピセンターに降下するプレイヤーを分散させるために設計されました。列車のトンネルを通ってスカイフックへ移動することも可能だそうです。

武器ラック

 調査キャンプの建物内には武器ラックが設置される予定です。武器ラックからは確実に武器を取得できるため、プレイヤーにはドロップシップからの降下時に「優れた武器」「人気のエリア」どちらを優先するかという新たな選択肢が与えられます。

 『エーペックスレジェンズ』のシーズン4は、日本時間で2月5日に開始する予定です。シーズン4の情報は下記の記事でご紹介しています。

引用元:Season 4 Map Updates Explained

コメント

タイトルとURLをコピーしました