エーペックスレジェンズ シーズン4 アシミレーション始動、パッチノート全文が公開

エーペックスレジェンズ レヴナントApex Legends
スポンサーリンク

 Respawn Entertainmentは日本時間2月5日に、無料バトルロイヤルFPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』のシーズン4を開始し、大規模なアップデートを実施しました。

 新レジェンド「レヴナント」や新武器「センチネル」の登場だけでなく、既存の武器やマップにも大きな修正が加えられています。

スポンサーリンク

新レジェンド「レヴナント」

“憎悪に苦しめられ、復讐に執着したレブナントは、敵につきまとい、死をものともしない不自然な能力を使う。”

なお、レヴナントはレイスやライフライン、パスファインダーと同様に+5%のダメージを受けます。

パッシブアビリティ「ストーカー」

しゃがんだ状態で高速移動ができ、壁を他のレジェンドより高く上ることができます。

戦術アビリティ「サイレンス」

敵にダメージを与え、敵のアビリティを10秒間無効にするデバイスを投げます。

アルティメットアビリティ

使用者をデスから一定時間守るトーテムを呼び出す。使用者はデスやダウンしない代わりに、トーテムの場所に戻されます。

新しい武器「センチネル」スナイパーライフル

センチネルはボルトアクションのスナイパーライフルで、中距離から長距離まで有効。シールドバッテリーを装着した状態でプレイヤーが「ファイアセレクト」を押すと、センチネルはインベントリからシールドバッテリーを消費し、一時的に通電状態になります。通電状態のセンチネルは発射体で敵のシールドに大きなダメージを与えることが可能です。発射体は異なるVFXトレイルを使用しており、かつ独特の発射音によって、付近のプレイヤーは通電状態のセンチネルが発射されたことに気付くことができます。

センチネルのエネルギーは限られており、時間の経過とともに徐々に減衰し、1回の発射で大量のエネルギーを失います。エネルギーがなくなると、通電状態は終了してしまいます。

マップの更新

デザイナーの目標は「プレイヤーに新たな決断をさせること」とのことで、シーズン4ではマップ“World’s Edge”に「プラネットハーベスター」「キャピトルシティの分断と上昇気流」「調査キャンプと武器ラック」が追加されました。詳細は下記の記事で紹介しています。

ランクシリーズ3

ランクシリーズの変化についてはブログをチェックしてほしいとのこと。簡潔にまとめると、下記のとおりになります。

  • シーズンにスプリットが導入され、6週間ごとにランクがリセットされる
  • マスターティアを導入し、Apexプレデターはプラットフォームごとにトップ500プレイヤーのみ選ばれる
  • ソフトリセットおよびスコアリングは同じだが、ソフトリセットはスプリット毎におこなわれる
  • ダイブ軌道はシーズンごとの報酬モデルに移行するが、シリーズ1およびシリーズ2のプレイヤーはその影響を受けない
  • シリーズ3でのアシストポイント更新は、レヴナントの戦術アビリティ「サイレンス」にも適用される

アニバーサリーログインギフト

シーズン4の初週(日本時間2月5日~2月12日)の期間は、ログインしたすべてのプレイヤーに記念のギフトが贈られます。

  • イヤー1ペーパーフライヤーチャーム
  • イヤー1ロイヤルティバッジ
  • 毎日、最初のマッチで10,000XP獲得

 イヤー1ロイヤルティバッジはドロップシップから初めて降下した時期別に3種類に用意されています。

アイテム全般

新たなアイテム「スナイパーアモ」

デザイナーはバランスのとれた長距離メタを作成することを目標としています。

スナイパーはSMGやLMGと同じ種類アモを使用していたので、他の武器に必要な弾薬を減らすことなく、かつスナイパーライフルの弾薬不足を補う方法がありませんでした。そこで、シーズン4ではスナイパーライフルのみに適用される新たなクラスのアモを追加しました。これにより、プレイヤーは射撃に集中でき、長距離でもターゲットに圧力をかけることができます。

スナイパーアモは下記の武器に適用されます。

  • センチネル
  • ロングボウDMR
  • トリプルテイク
  • チャージライフル(1発につき1発のスナイパーアモを使用。マガジンは4発を保持可能)

そして新たに、スナイパーアモ用の拡張マガジンが追加されました。

「エネルギーアモ」の仕様を変更

20発ではなく30発のアモを入手できるようになりました。ほとんどのアモは、マップに散らばっているエネルギーアモを使用する武器の横で入手できます。現在は2つのエネルギーアモを使用する武器しかないので、エネルギーアモが不足しないように、1つのブロックに弾薬数を積み上げる必要がありました。

「ターボチャージャー」を削除

ターボチャージャーはゲームから削除されました。

「バックパック レベル4」の仕様を変更

プレイヤーがメンバーを復活させているときにのユーザーインターフェースがアップデートされ、より見やすくなりました。

武器の仕様変更

最強の武器をシフトしたいとの理由から、強すぎると思われる武器のパワーを減らし、期待通りの性能を発揮していない武器は少し強化されています。

アイアンサイトの精度向上

ゲームに登場する武器は、ADSが作動している間は微妙に動き回ります。たとえば、照準を動かすと回転して揺れ、動きながら上下左右に揺れるといった具合です。

特殊な技術により、武器が少し動いてもサイト上のレティクルは中央に保たれています。しかし、シーズン4までは、このような技術はありませんでした。アイアンサイトのレティクルは武器と共に動き回っており、実際にはわずかに不正確です。発射された弾はスクリーンの中央に位置していませんでした。シーズン4ではほとんどの武器をアップデートし、適切なスクリーン中央に位置しています。しかし、まだすべてのアイアンサイトがアップグレードされてはおらず、残りの武器はシーズンが進むにつれてアップデートしていく予定です。シーズン4でアップデートされる武器は下記の通りになります。

  • ロングボウDMR
  • トリプルテイク
  • チャージライフル
  • センチネルスナイパーライフル
  • ハボック
  • R-301
  • フラットライン
  • スピットファイアLMG
  • R-99
  • オルタネーター
  • モザンビーク
  • マスティフ
  • RE-45
  • ウイングマン

G7スカウト

「スナイパーライフル」から「アサルトライフル」クラスへ変更されました。

現在はアサルトライフルのサイトとアタッチメント(バレルスタビライザー、ストック含む)の装着が可能です。

ホップアップ「ダブルタップ」は引き続き装着が可能です。

統計およびチャレンジはアサルトライフルとして対象になります。

発射速度が4.5から4.0に減少しました。

ダブルタップを装着していると発射レートが0.425から0.475へ増加しました。

G7スカウトの拡散が0になるバグが修正され、ジップラインなどで完全に正確な武器となってしまったバグを修正しました。

L-スター

L-スターはケアパッケージから取得できる武器ではなく、マップ上で拾える武器となりました。

弾薬はエネルギーアモを使用します。

リロードがなくなり、L-スターは連続して発砲するとオーバーヒートするため、オーバーヒートとリコイルを管理するために、短時間で発砲するのが最適です。

ショットあたりのダメージが19から18へと減少。

発射レートが12から10へと減少。

発射時の水平ビューキックが減少。

ディヴォーション

ディヴォーションはマップ上では拾えず、ケアパッケージで取得できる武器となりました。ディヴォーションが選ばれた理由は入れ替わったL-スターと同様にエネルギーアモを使用するLMGであること、完全にカスタマイズされたディヴォーションが実際のところゲーム内で最強の武器の1つであること、だそうです。

マガジンサイズ:54

総弾薬数:162

なお、取得の時点でターボチャージャーの機能が付随しています。

ハボック

ターボチャージャーを取り外すことによって、根本的な問題を解決したかったとのこと。とくに注目すべきは水平方向のリコイルを低減され、制御を容易にすることです。

ターボチャージャーはゲームから削除されましたが、セレクトファイアは装着できます。

セレクトファイアを使用する際の発射間隔が.77から.56に短縮されました。

R-99

1発あたりのダメージが12から11に減少。

マガジンサイズが変更されました。ベースのマガジンサイズは18から20に増加、コモンの拡張マガジンは20から22に増加、レアの拡張マガジンは23から24に増加、エピックの拡張マガジンは27のままです。

プラウラー

1発あたりのダメージを14から15に増加。

ヘムロック

単発の発射レートを5.6から6.4に増加。

ウイングマン

マガジンサイズが変更されました。ベースのマガジンサイズは4から5に増加、コモンの拡張マガジンは6のまま、レアの拡張マガジンは8から7に減少、エピックの拡張マガジンは10から8に減少しています。

EVA-8

ダブルタップホップアップ装着時のバースト間遅延を0.85から0.80へ減少。

マスティフ

プレイヤーが発見したマスティフを素早く発射できるエクスプロイトを修正。

シーズン4の新しいゴールド武器

ゴールド武器が更新されました。シーズン4のゴールド武器は下記のとおりです。

  • ハボック
  • P2020
  • センチネル
  • プラウラー
  • R-301

レジェンド

ブラッドハウンド

敵のプレイヤーをダウンさせると「ハンティングビースト」の時間が5秒延長されるようになりました。しかし、連続キルによって開始時間を超えることはできません。

クリプト

EMPはジブラルタルのドームシールドを破壊しなくなりました。また、ドームシールドはドローンに設置することはできません。

バグの修正

  • アカウントレベル500に達したプレイヤーがクラッシュしたり、インベントリまたはストアにアクセスしたりする原因となっていたバグが修正されました。
  • プレイヤーレベルのテキストがレベル100バッジのバッジに表示されるはずだったが、表示されないというバグが修正されました。
  • 既存の武器と交換しようとしたときに、プレイヤーがケアパッケージから武器を装備できない場合のバグが修正されました。
  • World’s Edgeで、プレイヤーが立ち往生したり、本来は行くべきではない場所へ行ったりしていたいくつかの問題を修正しました。これらの問題を把握し、報告してくれたすべての人に感謝します。
  • ジャンプマスターが接続を切断すると、スクアッド内のフォロワーが空中に浮いてしまい、フォローを解除できなくなるバグが修正されました。
  • 安定性を全般的に修正。

一般的な修正

  • リングの端に近づくと、プレイヤーの画面がほとんど真っ白になるという問題を修正。
  • プレイヤーのフィードバックに基づき、カラーブラインド設定を更新。
  • コミュニティのリクエストにより、スキンをランダムに選択できる機能をメニューに追加。
    • ロック解除したスキンを「お気に入り」にするオプションが表示されます。
    • スキンメニューから「お気に入り(ランダム)」を選択すると、レジェンドのスキンがランダムに選択されます。
  • ダメージを与えたあと、アシストボーナスが得られる時間を5秒から7.5秒に増加。
  • カーゴボットが落下した際のダメージを軽減し、ダメージ範囲を減少。また、視覚効果も変更されました。
  • 「ターゲット補正」および「近接ターゲット補正」オプションは「詳細な視点操作」メニューへ移動しました。

ランクモードでのペナルティおよび損失

システムの悪用を軽減するために、敗北免除に関しても変更があります。チームメイトが退出または接続に失敗した場合を想定して構築されたシステムなので、変わらず敗北免除が適用されます。

RPの喪失免除については変更があり、1日1回までの退出にのみ適用されます。ランクシリーズ期間中にこの1日1回の上限を3回超えてしまうと、該当シリーズ残りの期間は免除対象外となります。

上限に達したプレイヤーはマッチを放棄した際に、その理由を問わずRPの喪失免除を受けられません。マッチ放棄が試みられる際には、カウント対象となることを今後も警告メッセージでお知らせします。また、新たに敗北免除の上限に達することもお知らせするように変更が加えられます。ペナルティは回数を重ねるごとに大きくなりますが、この点については前シリースから変更ありません。

DXGI_ERROR_DEVICE_HUNG クラッシュについて

一部のプレイヤーで、ゲームがクラッシュして「DXGI_ERROR_DEVICE_HUNG」というエラーメッセージが表示される問題が発生しています。NVIDIAと緊密に連携して問題の原因を特定し、ゲーマーにできるだけ早く解決策(更新されたドライバまたはゲームパッチを介して)を提供します。

  • レポート作成に役立つ情報
    • グラフィックスカードのベンダー/モデル(例:ASUS ROG STRIX RTX2080)
    • ドライバのバージョン:(例:441.66)
    • 再現するパターン(特定の場所、特定のプレイ時間など)

マッチング

このパッチでは、特定の地域でテストしてきたマッチメイキングの変更をグローバルに適用します。これがプレイヤーの間で議論の的になっていることはよくわかっていますが、誤解しないように言っておくと、『エーペックスレジェンズ』ではローンチ以来スキルベースのマッチメイキングが存在しており、今後も改善を続けていきます。

引用元:Reddit

コメント

タイトルとURLをコピーしました