ASUS 配信に必要な機能を備えたWebカメラ「ROG Eye」を2月28日に発売予定

ASUS ROG Eyeニュース/プレスリリース
スポンサーリンク

 ASUS JAPANは1080p・60fpsに対応した滑らかな映像と、デュアルマイク内蔵でクリアな音声を実現した、ストリーミング向けウェブカメラ「ROG Eye」を発表しました。2月28日(金)から販売を開始する予定です。

スポンサーリンク

「ROG Eye」概要

ASUS ROG Eye
製品名ROG Eye
接続方法USB 2.0
静止画解像度2592 x 1944
動画解像度1080p(60fps)
フォーカス機能自動
ポーラパターンビームフォーミング(デュアルマイク)
サイズ81 x 28.8 x 16.6 mm
発売予定日2020年2月28日(金)
価格オープン価格

 「ROG Eye」はFace Auto Exposureオートフォーカス機能によって、配信者の顔を自動的に明るくかつ鮮明に検出し、薄暗い場所での配信にも適しています。

 PCファンの音やキーボードの操作音など、配信者の声以外に不用な音をフィルタリングするビームフォーミングテクノロジー(デュアルマイク)に対応しているため、騒がしい環境でもクリアな音声で配信をすることができます。

 Wide Dynamic Range(WDR)テクノロジーによって、被写体となる配信者と背景の両方を捉え、逆光状態でも露出がオーバーするのを防ぎます。また、ブルーガラスは赤外線をフィルタリングしてカラーシフトを減らすので、悪影響を与える赤い光を減らし、高画質な配信をすることが可能です。

 わずか17mmの薄さを実現しており、持ち運びも容易。追加の付属品なしでノートPCに簡単かつ安全に取り付けることができます。また、三脚に取り付けてさまざまな角度から撮影できる標準カメラマウントを備えたアルミニウム合金製の台座も付属しています。

製品ページ

SOURCE:プレスリリース

コメント

タイトルとURLをコピーしました